FC2ブログ
毎日をお花のように彩るブライスさんたちのこと。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Time flies.
なんということでせう。。。
もう7月が終わりに近づいている。。。orz



ドールショウで購入した帽子。



購入してすぐ撮影したときは
まだ早いかも!?
なんて思ったのですが
気がついたら、季節的にぴったりになっておりまするΣ(゚д゚lll)

ひぃ~~~。



なんですかね。
ワールドカップに夢中になり、
仕事に追われていて
我にかえると。。。。



このストキューさんも、なんだかんだお引っ越し前に撮影したものだという体たらく。。。

そんなこんな中ですが。

先日、お友達にいただいた「思い出のマーニー」の原画展へむりくり時間をこじ開けて行ってきました。



正直、あんまりピンときていない部分もあったりしたのですが、
そこは頂いたからにはいかねば!という根性で笑



でも、行って本当によかった。
アニメの線では全く浮かび上がってこない、
米林宏昌監督の初々しい、ドキドキするような少女美が
原画では本当に本当に美しく描かれていて。

アニメのプロモーションCMなどを見ても、
アニメでは消えてしまう儚い、その瞬間だけの美が浮かび上がってくる
素敵な展示でした。

展示にあたって言葉を寄せる鈴木プロデューサーの言葉にまたほのぼのしてしまったのですが、
「宮さん(=宮崎駿監督)は、いつも麻呂(=米林監督)は少女ばっかり描いている!!!」(ぷんぷん)
と怒っていても、
「宮さんも、いつも兵器ばっかり描いているじゃないか!」って思ったとか。
あ〜確かにって思ったり。

確かにナウシカ、シータ、キキなど、宮崎監督の描く少女たちは、
壮大な世界で生き生き魅力的なのだけど、
米林監督が「自分はふっと気がつくと少女たちの隣にいる」ような
少女を世界を描いてみたかったというような主旨の言葉(ちょっとうろ覚えで正確ではないのですが)
に無性に感動しちゃったのです。
きらきら一瞬の光り輝く瞬間を見つけようとする少女たちへの想いがあふれている気がしたし、
米林監督の優しい視線を言葉と同じように原画からは感じることができて。

だいぶ違うかもしれないけど、
いわさきちひろさんの描く少女たちに近い魅力を感じました。

でも、ちひろさんは信念の人。
そして、同性の目線。
初々しさ、清冽さ、柔らかさがあますとこなく描かれていたけれど、
米林監督の描く少女たちはどこか少女から女性への揺らぎを感じるような。
異性だからこそ描ける瞬間をも含んでいるような印象を受けました。

どちらがいいとかではないのではなく、
きっとどちらも真実なのだろうという。

お友達からきっかけをもらわなかったら、
きっと行ってなかったと思うので、
本当に大感謝です♪♪♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちわ(^O^)/
ジブリアニメはあまり観て無いので
マーニーもCMなどからの印象ですけど
確かにマーニーは柔らかいというか
今迄と違うイメージですね(*^^*)

最後のストキューさんが
マーニーのようで素敵。
はぁとかふぇ | URL | 2014/07/31/Thu 10:26 [編集]
はぁとかふぇさん
ジブリあんまり見ないですか?
わたしは結構見ちゃう口なのですが、
風の谷のナウシカや天空の城ラピュタは
何年経っても色褪せないなあと
びっくりします。


ストキューさん、マーニーっぽいですか?
この展示に行って以来金髪娘さんへの憧れが増しているにで、
その言葉を言い聞かせてガマンしますT^T
はぴはぴ♪ | URL | 2014/08/03/Sun 21:21 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© Flowers of Life. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。